スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事って
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/30/news012.html

この記事って あのオライリー出版の
オライリーさんなんですか?

なかなかキビシイねぇ
スポンサーサイト
説明会
「ん~ この企業あわんなぁ」

とか 思ってたら 先輩SE登場

「えー 私 コンピュータ嫌いです」

だって。

またか。 その発言は若い人たちにはウケがいいんですかねぇ??

私は そんなところでは 働きません。

時間を無駄にした。

SEはプログラムを書いてるだけとか コンピュータを一日中いじってるだけでは ないと言いたいのかもしれないけど 発言はもうちょっと他にないのかねぇ。

さらには 「私は原因とか究明するのも嫌いです」 だって 
ビンゴ中西@テストセンター
テストセンターに行ってきた。 就職活動中なら1度はお世話になるだろう場所だ。


席に着いた。 問題の画面が「全画面表示」で表示されている
本来のウインドウにあるような「閉じる」や「最小化」などのボタンは付いていない。

・・・・

Alt + tab を 押してウインドウを切り替えるとどうなるのだろうか!! ふいに 衝動に駆られた!!!


やってみた。

DOS(正確にはコマンドプロンプト)の黒い画面に 5行ほど白色の文字が書かれていた。

・・・・・・

ありうる選択肢

1.そのDOS窓を閉じる!
2.Ctl + C を入力してみる!
3.Alt + tab で素直に問題の画面に戻る・・

3を選択したのは言うまでもない。
合併するのか!
この記事、就職活動中 まっただか中には気になりすぎる記事だ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/23/news047.html

CTCとCRCが合併するらしい。

意図が いまいち見えない。
シェルスクリプト
あなたは シェルスクリプト派ですか? Perl派ですか?
こんにちは ビンゴ中西です・・・・・

意味不明な出だしですが、研究室の課題を解いています・・・

まず第一問目:

「n個のMPI_INT(配列)を1つのメッセージとしてプロセス0からプロセス1へ送り、またプロセス0へ送り返す」ことを100回繰り返すピンポンプログラムを作成せよ。メッセージの中身はダミーでよい。



要は、CPU、2つ使って メッセージをその2つで 100回送受信を繰り替えせというもの。
で n(配列のサイズ)をどんどん増やすと費やす時間はどうなるかという課題である。

で、以下 私の作った「MPIプログラム」と「nと消費時間」をとりだす
cshのシェルスクリプト載せようかと思って 保存してある学内サーバに接続しようと思ったら繋がりませんよ・・・・ 誰、電源消したの?
電源が原因かしらんが・・・

と思ったらつながった・・・ よかった

以下、コメントなしのMPIプログラムを貼つけよう と思ったら・・
プログラム載せるのって技能がいるなぁ・・・
インデントがなくなってしまった・・・

#include
#include
#include
#include

#define TAG 10
#define SIZE 2000000

int main(int argc, char **argv){
int message[SIZE];
int my_rank;
int n;
int i=0;
double start,end;

MPI_Status status;

MPI_Init(&argc, &argv);
MPI_Comm_rank(MPI_COMM_WORLD, &my_rank);


n = atoi(argv[1]);
if(my_rank == 0){
for(i=0;i message[i]=1;
}
start = MPI_Wtime();
for(i=0;i<100;i++){
MPI_Send(message, n, MPI_INT, 1, TAG+i, MPI_COMM_WORLD);
MPI_Recv(message, n, MPI_INT, 1, TAG+i, MPI_COMM_WORLD, &status);
}
end = MPI_Wtime();
printf("%d %f\n",n,end-start/200);
}else if(my_rank == 1){
for(i=0;i<100;i++){
MPI_Recv(message, n, MPI_INT, 0, TAG+i, MPI_COMM_WORLD, &status);
MPI_Send(message, n, MPI_INT, 0, TAG+i, MPI_COMM_WORLD);
}
}

MPI_Finalize();
return 0;
}



え~と どうすればうまく貼れるのだろうか・・・・
しかも このプログラム かなり うさんくさいし・・・・
これでいいのかなぁ。。。

うお!しかも 括弧で閉じてるから #include 後が消えてる・・・
タグとみなされてる・・・

シェルスクリプトは また今度載せよう・・・
MPIプログラム開始しないと (以下とりとめない感じ)
プログラミング禁止してたけど てかもうコンピュータほとんど触ってなかったけど 大学始まったから MPIプログラミングしなければ 少々どうにもならない感じになってきた・・・・・

ということで、環境設定やらなんやらかねて Hello,World やらんと。



■私は 左手で歯を磨く。 物を書くときは右手である。

私はきっと右利きである。 だが、歯は左手で磨くのだ 右手でなど磨いたことがない。 磨いてみたらものすごい違和感がある。磨きにくい。リモコンも左手で操作する。

では 携帯はどうだろうと思ったら右手で操作していた。これはキー配置が右利きの人に使いやすいようになってるからではなかろうか。
「メール開始」ボタンとか「クリア」とか右手のほうが押しやすいような気がする。

楽器を習うときやバットの握り方をならうとき 

「え、左利き?」 って聞かれることが多い。 

「右利きだけど。持ち方違ってる?」

「右利きなら 普通こうだよね」

といって直される。

歯を左手で磨いていることに気がついたのは 20歳を過ぎてから。
こういったやりとりがあったのも 頷かされる。

そう 正直私にも、 右利きか 左利きか わかりません。
かといって 両利きでもないし。
この 謎めいた 体質を誰か 解説してください。
誰かいないか~~~~~ 同じことする人~~~~

と思ったら mixi に 「微妙に両利き」というコミュがあった・・・
いるんじゃねぇ


■きせかえユカちゃんの新刊がでるようである。

おおこれは非常に楽しみだ。

■ヤングインディジョーンズDVD化されないかなぁ・・・・

インディジョーンズといったら ヤングだよね。
Firefox
FireFoxについて 自分への覚え書き。

入れているのは以下の3つか・・・

■All-in-One Gestures

■Web Developer

■Noia(テーマ)


Web DeveloperはY留助教授に勧めてもらったやつである。

自分のもっているCookie情報やらが一発で見れたり
他にも山のように機能がある。
使いこなすとかなり便利なはずだが。 今のところソースを見る程度にしか使えていないのが残念だ orz


少し前の記事だけど FirefoxのCMコンテストがあったもようなので貼っておこう。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0604/28/news028.html
さて ~つづき~
ひとつ前の記事で書いていたように VPN接続で学内アドレスもらって研究室のコンピュータに ログインすることに成功!! 分散処理を実行してくれるコンピュータはSSHサーバが立っていないもようなのでログインできないが。 これで 家にいながらなにして 分散処理ができるはずである。 わーい VPN すごいね。 やったー
さて
まあゴールデンウィークも あるようでないようなもんだがゴールデンウィークが 明けたようである。

ということで大学へ行くことに。 5限目に行われる我がゼミの「MPI演習の説明」に出るためだ。 エンヤエンヤと大学に足を運ぶ。

就職活動中ということもあって月曜か火曜のどちらかに必須参加ということで(2日やってくれるところがポイント) 6人中4人も集まるという 我が研究室にしては かなり集まりのよい会合となる。

MPIで Hellow,World! のやりかたまで教わった。実行まではたどりついていない。 しかし 課題が7個出た・・・・ さらにパワポにして結果を考察せよとのこと。 なかなかやってくれる。


その後 飲み会へ。 予想以上におもしろい飲み会となった。新規メンバーで飲むというのはやはりおもしろい。



さて、ひさしぶりに大学へ行って 色々知識も増えたわけだるが ここでさっそく 山内研で培った知識が必要となった。

分散処理を行うためのコンピュータへは 研究室内にある個人に割り当てられたコンピュータからSSH接続により、アクセスすることになるのだが、 私たちとしては 各自の家から接続したい。

そこでだVPN接続して学内アドレスをもらい そこからSSH接続すればいいんじゃないの? と 羊と話しあうことに。

たしか、山内研でも そういう試みを試そうとした人間がいるはずである。

さあ 試してみよう。
思うこと
CISCOのCMが流れたねぇ とか思ってたら SAPのCMまで流れ出してるよ。
PDF作成
何故だろう 何故、彼は PDFにしたがるのだろうか 未だに謎だ。

そんなdai君から実は PDFファイル作成方法を教わっている。

なんと無料でつくってしまうことが可能である。

以下のページで取得可能である。
http://xelo.jp/xelopdf/

その名も クセロPDF である。

これをインストールすると なんとプリンタで印刷する感覚でPDFファイルが作れるから驚きである。


20060505173714.jpg


ね。これはすごい。 仮想的にプリンタを作っている(?)もようだ。
読書
少し前の記事に書いていた 「ウェブ進化論」 と 「人は見た目が9割」 を読み終えた。

「ウェブ進化論」であるが、うーむ 半分ほどはF海教授が授業で言われている内容である。 そういう点でやはりF海教授は素晴らしい。

ロングテールなどの概念は持っていたが、そういう言葉があるとは知らなかった。

インターネットの世界を「あちら」と「こちら」で捉えている作品。

シリコンバレーでも 私が ろんごんと話していたようなオープンソースに関する話題が出ていたとは驚きだ。てか人間ならだれしもそう考えるものなのかも。

ただ、使われている漢字が結構ムズイ。 ”厖大” これで ”ぼうだい” と読むんだねぇ


「人は見た目が9割」のほうは読みやすい。
著者が演劇の演出をしているということから、始めその切り口からの議論が多く そのまま行ってしまうのかと思われたが、 統計学や心理学的要素からも ノンバーバルコミュニケーションに迫っており面白い。 心理学ってすごいねぇ。 当たってるよねぇ。
Windowsファイアーウォール最終 ~説明4~
ここで気になるのが新しいアプリケーションを導入した場合それに対するWindowsファイアーウォールの対処はどうなるのかということである。

Windowsファイアーウォールは初期設定ではすべてのアクセスを拒否していると説明させてもらった。ということは新しいアプリケーションを導入した場合 それに対する通信はできないということになる。

では、ここでApacheを例にして説明してみよう。自宅でWebサーバを立てたいな と思った場合、Apacheなどを使うことになるのだがHTTPというと80番ポートだ。コンピュータサイエンティストの世界を踏襲するならば、あなたも80番ポートを使うことになる。 もし、なんらかの理由で80番ポートが使えない場合(プロバイダなどで使えないように設定されてしまっているなどの場合) 8080番ポートをつかったりするのが慣習となっている。

HTTPのことはひとまず置いといて、このApacheを使いたい場合はあなたのコンピュータで動くApacheへの通信許可を出すことになる。

しかし 心配することはない。
Apacheをはじめて起動した場合、以下のように表示されるはずである。

W5.jpg


真ん中の「ブロックを解除する」をクリックしてやったあとWindowsファイアーウォールを確認しにいくと

W6.jpg


のように 一番上に Apache にチェックが入っているのがわかる。
一番上にきているのは 単に 辞書順に並んでいるにすぎないが・・・

ということで説明を終了しようと思う。 ありがとうございました。


Windowsファイアーウォール ~説明1~ に戻る
ファイアーウォールとポート番号の関係性 ~説明3~
では、ファイアーウォールとポート番号の関係性とはなんなのだろうか。 セキュリティーにおいて、ポートは ”開ける” や ”閉じる” といった表現をする。

もし60番ポートを使ってなにか通信をしていたとしよう。これはファイアーウォールによって閉じることが可能である。もしあなたがファイアーウォールによって60番ポートを閉じた場合 あなたのコンピュータで60番ポートを使うアプリケーションは 実質使えなくなったと思っていいだろう。 実質というのは、MSNメッセンジャーを例にしてもらうとわかりやすいが Windowsファイアーウォールの場合 あなたへやってくるアクセスを拒否できるが あなたが相手にアクセスすることはなんら関与していないので あなたがメッセージを友人に送り続け、友人はあなたへのメッセージをなぜか送れないといった環境をつくれるからだ。(試したことはないので無理かもしれない)


ところで ”ポート” とは ”港” のことである あなたのコンピュータを島にたとえるなら あなたのコンピュータにやってくるパケットは船のことであり、あなたは港を開放することでアクセスを許すのである。だから、「開ける」や「閉じる」という表現をするのである。

ちなみに例に用いた50番と60番はメッセンジャーではないほかのモノに使われているはずなので 念のためここでもう一度明記しておく。

Windowsファイアーウォールの場合、アプリケーション単位で拒否か許可かを出しているように感じるが、

W4k.jpg


上の画像をみてもらえるとわかるのだが「ポートの追加」とある。
つまりこの「ポートの追加」で許可したいポート番号を追加すれば任意のポートへのアクセスを許可することが可能である。

Windowsファイアーウォール最終 ~説明4~ へ続く


Windowsファイアーウォール ~説明1~ に戻る
ポート番号 ~説明2~
世の中にはポート番号というものがある。

あなたのコンピュータでは色々なアプリケーションが動いているはずである。

Yahoo!メッセンジャーかもしれないしMSNメッセンジャーかもしれない。

いまここで、Yahoo!メッセンジャーとMSNメッセンジャーがあなたのコンピュータの上で同時に動いているとしよう。 

そこへ、あるメッセージがあなたのコンピュータにやってきた。

あなたのコンピュータにとってはそのメッセージがYahoo!メッセンジャーのものであるかMSNメッセンジャーのものであるかわからない。

そこで必要になってくるのがポート番号だ。
本当のことはわからないがYahoo!メッセンジャーは50番、
MSNメッセンジャーは60番という 番号で通信をすると約束していたとしよう。 すると先ほどあなた宛に送られたメッセージが50番ポート宛ならYahoo!メッセンジャーのものであるし、60番ポートのものであればMSNメッセンジャー宛であると判断できるわけである。

つまりポート番号は あなたのコンピュータの上で動いているどのアプリケーション宛のメッセージ(パケット)だったのかを判断するために用いられる番号である。

ファイアーウォールとポート番号の関係性 ~説明3~ に続く


Windowsファイアーウォール ~説明1~ に戻る
Windowsファイアーウォール ~説明1~
では、返信も兼ねてWindowsファイアーウォールについて私なりの説明をしてみたいと思う。 まず、「コントロールパネル」から「Windowsファイアーウォール」を探してクリックして欲しい。クリックすると以下の画像のように表示されるはずだ。

W3.jpg


なお、WindowsファイアーウォールはXPから標準搭載されており、きっと、あなたが意識しないところで もとから動いているはずだ。


では、まず先ほどクリックして表示させたものは置いておいて、Windowsファイアーウォールとはなんなのかここから説明しよう。なお、ここ(~説明1~)ではイメージ的なことしか言わない。

そもそもファイアーウォールとは直訳すると ”火壁” になってしまうが ”防火壁” のことである。つまりあなたのコンピュータを危険な火事から守ってくれることを意味しているが、火事ではなく不正な侵入から防いでくれるものである。

イメージ的には以下の図のようになる。

W1.jpg


あなたのコンピュータが中央にあり、周りを赤地のしま模様の防火壁で守られている様子を私なりに書いてみた。

周りの4つの矢印は、あなたのコンピュータに、他の誰かがアクセスしていることを示している。 ここで重要なのは

矢印が不正な侵入だけを表しているわけではない

ということだ。アクセスであるのだから、それはYahoo!メッセンジャーのメッセージかもしれないし、MSNメッセンジャーを使ってあなたへ友人がメッセージを送ってきたものかもしれない。


ファイアーウォールにも数多く種類があるがここではWindowsファイアーウォールを考えている。Windowsファイアーウォールの初期設定は外部からのあなたへのアクセスをすべて遮断していると考えていい。先ほどの図を再掲するが、あなたのコンピュータはすべて四方を囲まれている。

W1.jpg


それでは何故あなたは友人とMSNメッセンジャーなどで会話ができるのだろうか、先ほど開いたWindowsファイアーウォールの「例外」タブをクリックしてほしい

W3k.jpg


すると

W4.jpg


上の画像のように「MSNメッセンジャー7.5」にチェックが入っているのを発見できるはずだ。つまりMSNメッセンジャーは例外としてアクセスを許可されていたのである。

先ほどのコンピュータを防火壁で囲っていた図をこのイメージに適応するなら次のようになる。


W2.jpg


一番上の青い矢印をMSNメッセンジャーとした場合、それを通すため防火壁に穴を開けたということになる。

少しわかりづらいかも知れないが どちらから どちらへの アクセスを拒否(遮断)しているのか意識して読んでほしい。

ポート番号 ~説明2~ に続く
メーリングリスト
私が前に所属していた研究室では qmail を用いてメーリングリストを作っているようである。ぜひ試したい。 まあそれはおいといて既存のメーリングリストを使うのも悪くない。 有名どころではFreeMLallserverなどがあるもよう。今回は allserver を使うことにした。


のだが・・・・
実は届かない事件が発生。
調べた結果 ホットメール(hotmail)はメーリングリスト(通称ML)を初期設定では受け取れないようだ。

以下の手順を踏むと届くようになった。

「オプション」(右上のほう)->「メール」(左のほう)->「迷惑メール処理関連の設定」->「メーリング リスト」



[アドレスを 1 つ入力します :] に [hogehoge.allserver.jp(メーリングリストで使うアドレス)]と記入して

「追加>>」をクリック後「OK」をクリックする。

以上の処理を順を追って画像にしたものを下に記しておきます。

ML1.jpg


ML2.jpg


ML3.jpg


ML4.jpg


ML5.jpg


ちなみに理由は以下の通りらしい

メーリング リストによってはメーリング リストから届くメッセージの [宛先] 行に、あなたの電子メール アドレスが指定されていない場合があります。多くの場合、[宛先] 行にはメーリング リストのアドレスが指定されています。このようなメッセージは、[迷惑メール] フォルダに振り分けられてしまうことがあります。



[宛先]が当人宛じゃない 迷惑なメールってのがあるのだろうか
メールアドレス取得方法Yahoo!編
実はメールアドレスを取得するならMSNよりYahoo!のほうが手間が
少ないので簡単かもしれない。

ということでヤフーのページへ行ってみよう

http://www.yahoo.co.jp/

以下の画像のように赤い丸で囲まれたところをクリックする
メールアドレスを取得したいのだから「メールアドレスを取得」を
クリックするわけである。

Y1.jpg


すると、次のページへとぶ
Y2.jpg


やはりクリックだ。

すると、次の画面のようになるので
所定の位置に入力をしよう。
Yahoo! JAPAN ID とあるのはあなたのメールアドレスの一部となるので
覚えやすくかつ人とかぶらないのにしよう。(まあなんでもいいんだけども)

Y3.jpg


とりあえず全部入力しよう。そして同意だ。
Y5.jpg


入力漏れや、IDが他の人とかぶっているなのどの理由で再度
入力をせまられる可能性が高いがめげずに 再度入力しよう。

うまくいけば、次の通りとなる。
Y7.jpg


うまくいった人は 赤いまるで囲まれたところをクリックしてみよう。
そしてその後その窓は閉じてしまい。ヤフーへ戻ってみよう

http://www.yahoo.co.jp/

すると、以下のようにIDでログインしていることがわかる。

Y8.jpg


今度は
Y9.jpg

のようにメールをクリックする。

すると次のページに飛ぶ。
Y10.jpg


よくクリックするのは青く囲った2つであろう。まず自分宛にメールを
送るなど実験して試して欲しい。



--------------------------
改めてヤフーに行くと
以下のように、ログインしていない状態になっていることがある。
Y11.jpg


そういうときは、ログインをクリックして
以下のように入力してからログインをクリックすればよい
Y12.jpg

メールアカウント作成方法2 ~メールの送信と受信~
>>メールアカウント作成方法1の手順でうまくメールアドレスをゲットできた人は、メールの送信と受信をしてみよう。

またも、以下のページにいき
http://www.msn.co.jp/home.armx

//すみません、ココに貼ってた画像がリンク切れしました(汗)

赤いところをクリックだ。(Hotmailをクリック)


そして、今度は以下の画像を参考に
先ほど取得した自分のメールアドレスと
パスワードを入力する。
9.jpg


すると、ここで「アカウントを使えるようにする」とクリックするところが出るはず(ごめんなさい画像がありません)なのでクリックすると
以下の画面に飛ぶので同意しよう。

10.jpg


その次のページではガンガン下にスクールし「続行」をクリックだ。

11.jpg


すると次のページにくるので赤いところをクリックすると
すでに1通メールが来ている。これはMSNから
登録ありがとうございましたといった旨のメールである。
12.jpg



ではいよいよメールを送信してみよう。ここでは先ほど作った
自分宛にメールを送ることにする。

13.jpg


メールを新しく作るわけだから「新規作成」だ。

その後、以下のようにあて先に自分のアドレスをいれ、
適当なメッセージを書く。そして「送信」をクリックしよう。
14.jpg


すると、以下のページにかわり送信は無事成功のはずである。
15.jpg


ちゃんと自分に届いているか確かめるため「Today」をクリックし

15k.jpg


ページが移動したあと「メール」をクリックしてみよう。

以下のようにメールが届いていれば成功である

16.jpg

メールアカウント作成方法1 ~メールアドレス取得まで~
携帯のメールはバリバリ使うのにパソコンのメールの使い方は
わかんな~い という人が何故か私の周りに急増なのでここで
メールアドレスの取得と送信と受信の方法を紹介したいと思う。
初めての人の所要時間は30分程度と見積もれる。
30分ほど時間に余裕のある人はメールアドレスを取得してみよう。

まず、次のページに飛んで欲しい

http://www.msn.co.jp/home.armx

そこで以下の画像の通り赤いまるで囲んだところをクリックして
もらいたい。

すみません:画像リンク切れしました・・・

クリックすると、次の画像のページにくるはずであるので
またも赤くまるで囲ったところをクリックしてほしい。
以下、赤いまるで囲ってあるところはすべてクリックすることを意味する。

同様にしてリンク切れ:

すると、次のページになる(これより先は前のページに戻ると1からやり直しとなる)

同じようにリンク切れ:

やはりクリックで進んでいく。
すると次の画像のようなページになる。
ここからは入力が必要となる。


4.jpg


画像を参考に入力してほしい。国/地域は日本を
メールアドレスは他の人とかぶらないようにオリジナルなものを
入力しよう。

その後、画面をスクロールさせて下にやると
アカウント情報を入力してくださいとあるので、
素直に入力しよう。
タイムゾーンとは、どの時間地域に普段住んでいるか選べばよい。
日本人なら東京を選べばよい。

5.jpg


アカウント情報を入力し終わったら
次は「この画像の中に表示されている文字を入力してください」
とあるので素直に入力する。

6.jpg


最後に同意をする。
7.jpg


うまくいけば次の画面のようになる。
多くの人は失敗するだろう。
それは入力にミスがあったり、入力に漏れがあるからだ。
そういった場合、入力をしなおさなければならないところを
もう一度表示してくれるので、入力しなおし
再度、同意しよう。
8.jpg


ここまでくればもうメールアドレスを取得できたので窓を
閉じてしまおう。

8k.jpg


>>メールアカウント作成2に続く
ブログ検索

プロフィール

ビンゴ中西
Perlが好きである。
プログラミング言語のほとんどは独学。独学の過程で多くのプログラム仲間にも色々教わりました。

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。